算数で【考える力】を養う
どんぐり算数教室

どんぐり算数教室へのお問い合わせ

どんぐり算数教室とは

小3の壁』をご存知でしょうか??
小学校低学年の時までは簡単な計算問題だったのですが、中学年、高学年と成長するにつれて、
学習内容が複雑化します。
学年が上がってきて、『 』や『 反復的なプリント学習』、『 計算ドリル』等はしているのも関わらず、
先生の言っている事が理解できず、問題等が解けない】という状態です。

主に算数の文章問題が苦手な子に多く見られます。

それは何故か!
学校で授業目的が『テストでいい点数をとる』事に重点を置くあまりに、
学ぶことの意義や面白さを学校の先生方が生徒達に理解させることができていない。
また、今の授業が『スピード化』され、生徒達が授業内容を『理解』する前に次の単元に移行してしまうため。
更に、学習の主流が『計算力重視化』され、【考える力】の習得を後回しにしている為だと私たちは考えます。

当『どんぐり算数教室』はこの『 小3の壁』を【考える力】を身につける事により、
突破・回避出来るようになる(する)教室です。

【考える力】とは

読み書きそろばん』という言葉があります・・・
それを聞いて皆さんはこの言葉の意味をどう連想しますか??


読み=スラスラと文字を読める(音読等が上手)


書き=綺麗に文字を書ける(習字等が上手)


そろばん=計算がスラスラ出来る(100ます計算が早い)

・・・・と考える方も多いのではないでしょうか?
しかし、私達『どんぐり算数教室』では


読み=相手の伝えたい事を正確に読み取り考える事ができる
=【 読解力


書き=自分の考えをまとめ、正確に表現する
=【 表現力


そろばん=数字を使用し、正確な答えを出す
=【 計算力


そして、【 読解力】と【 表現力】が合わさったものが=【 考える力
と考え、この【 考える力】の習得を目指します。

どんぐり算数教室での取組み

『算数どんぐり教室』は『反復的なプリント学習』や『計算ドリル』では身につける事が難しい【 考える力】を
良質な算数の文章問題』を絵図を使って確りと考える指導をし、【 考える力】の定着に実績があります。
また、
つまづいた箇所まで何度も戻り、基礎問題から応用問題まで十分に対応できる学力
を定着させていきます。


別ページに『良質な算数の文章問題』のサンプル問題がありますので、是非チャレンジしてみて下さい。